泉州を愛するブロガー猫まんまです。


新型コロナウイルスの影響で感染拡大が懸念される日本。


発生源の武漢市がある中国では死者が2000人を超え感染者数も10万人を超える勢いです。


日本政府も感染ルートや対応に追われて〝あたふた〟してるように伺えますね。


マスクの高値転売も問題視され、こんな状況下でお金儲けとは人道的に許される事ではありません。


そして何よりも懸念されるのが〝泉州への新型コロナウイルスの感染拡大〟です。


もし泉州にも武漢市のような事態に陥ったら!?


想像するだけで恐ろしいですよね、、、


そんな不測の事態に備えて、今日は新型コロナウイルスに関する感染を予防する対策などを語ります。

泉州にも新型コロナウイルスが拡大!?



現在、2月22日時点での日本の感染者数は15都道府県で計107人の感染が確認されています。


泉州地域がある大阪府では1名の感染者。そしてダイヤモンド・プリンセス号で新型コロナウイルスの感染が確認された10名が大阪府の医療機関で受け入れたと発表しました。



数字で確認すると他の都道府県よりも感染者数が少ないと感じますよね?


でも、ちょっと待ってください。和歌山県には13名もの感染者がいるのです。


どゆこと??


はい、我々が住んでいる泉州から和歌山県は「かなり近い」という事です。


南海本線、JR阪和線などの交通機関を使う人なら誰でも移る可能性があるのですね。


感染から発症までの潜伏期間は1日〜12日程度。


実際に東京、神奈川、千葉のように近隣の感染者数が多い事が分かるように、新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によってうつると言われています。


お隣の和歌山で感染者数が増えると泉州にも新型コロナウイルスが蔓延することも考えられます。


では、どのようにして新型コロナウイルスの感染を予防すれば良いのでしょうか?


自分の身を守るために感染を予防する対策を見て行きましょう↓

新型コロナ感染を予防する対策とは ?


手洗いやうがいを徹底的に!



まずは基本的な予防策ですね。


石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを徹底的に行いましょう。


感染者が咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、それを介して他人にうつす可能性があります。


手などの消毒を行う場合には消毒用アルコール(70%)が有効であることが分かっています。


また、飛沫感染を予防する策としてマスクの着用やうがいなども大切です。


インフルエンザや風邪の予防策と同じですが帰宅時や食事前には徹底してやりましょう。

人混みやイベントには行かない



これが一番大事かもしれません。


感染する可能性がある場所を避けるのが最も最善策ではないでしょうか。


特に室内で長時間行われるライブやイベントには参加しない方が良いでしょう。


とくに大阪府は中国からの観光客が多く、難波や西成には人混みに紛れて感染者がいるかもしれません。


この状況を受けて、多くの企業や交通機関なども予防策をとる動きが広がっています。


ある大手企業は、鉄道の混雑する時間帯を避けた時差出勤、テレワークなどの積極的な活用、人が集まる会議の自粛などを呼びかけています。


電車通勤の人はなかなか難しいですが、混雑時間を避けてちょっと早めの電車に乗るなどしましょう。

睡眠と栄養で免疫力アップしよう



普段からの健康管理も予防として大切です。


十分な睡眠とバランスのよい食事が免疫力を高めてウイルスの感染を予防する方法なのです。


身体が細菌やウイルスに感染してしまうと、免疫学的な生体防御反応を誘発し発熱とノンレム睡眠を引き起こします。


風邪などの病気にかかると眠くなるのは、薬の副作用だけではなく、免疫系が活発になっていることと関係しています。


病気になると睡眠で回復しようと身体は働きますが、予防も同じことが言えます。


十分な睡眠が取れないと、一晩のうちに免疫システムが生産する抗体やサイトカインが制限され、感染症を撃退する身体能力は低下し感染しやすくなります。


2020年に、国際オーソモレキュラー医学会からこんなニュースが発表されました。


「コロナウイルスの流行は、高用量のビタミンCによって劇的に流行を遅らせる、もしくは感染を止めることができる。」


身体がウイルスに攻撃されたとき、身体の抗酸化能力を最大化しておくことが症状の軽減や発症予防にとても重要です。


やはりジャンクフードは控えて栄養バランスの取れた食事をすることを心がけないといけないですね。



新型コロナの影響で給料にも(余談)



さて、新型コロナウイルスの影響は何も病気だけではなく中国からの輸入に頼っている会社も大打撃をうけています。


僕の働いている会社は泉州にある倉庫会社で本来なら毎日のように中国からのコンテナが入ってきます。


しかし、製造元である中国自体がそれどころの騒ぎじゃないので輸入もストップ。


となると当然それに関わる仕事が無くなるわけです。


やる作業が無いので就業時間の短縮や有給消化…


アルバイトやパートさんも出勤日数を減らされている状況なんです。


必然的に給料も減るいっぽうですよね。


正社員で固定給ならいいですが、派遣社員やパートなら死活問題。


ましてや僕のような倉庫内作業員って日給月給制が多い。勤務日数が少ないほど、勤務時間が短いほど給料も減ります。


大元である中国企業がうまく機能してくれないと商品が入ってこないので仕事がない状況です。


ちなみに僕は今日も出勤日だったのですが14:30で終了でした。定時は18:00です(笑)


先行きが見えないウイルスへの不安と仕事がないことによる給料の激減…


いろんな意味でパンデミックですね。


そんな時の対応策として僕が2019年から行ってきたのが単発のバイトです↓

明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

2019年のゴールデンウィークや年末年始は長期休暇がかなりありました。


10日間も休んでしまうと「今月、給料やばくねっ!?」ってなりますよね。


健康も経済的にも自分の身は自分で守っていきましょう!