昔はワルかったブロガー猫まんまです(ウソ。)

ヤンキーや不良は、ちょっと怖いですが若い時は少し憧れたものです。

よく芸能界ケンカ最強とか、元ヤンで不良だった芸能人や有名人がネット、YouTubeで取りあげられていますね。

とくにガラの悪いイメージがある大阪では元ヤンで不良と呼ばれた芸能人や有名人は多いのではないでしょうか。

ということで昔はワルかった大阪出身の芸能人や有名人を調査してみました!

和田アキ子(歌手・タレント)



芸能界のドンと呼ばれる和田アキ子さんは大阪府大阪市天王寺区生まれ。

柔道家である父親に厳しく育てられた和田さんはやがて非行の道へ進みます。

中学生の頃にはすでに酒とタバコを覚え、和田さんは大阪ミナミ周辺を支配する不良で「ミナミのアコ」と呼ばれ周りから恐れられていました。

喧嘩に明け暮れる日々を過ごす和田さんに転機が訪れたのは16歳の時。

当時、大阪のステージで歌っていると芸能事務所ホリプロの人間にスカウトされます。

「このまま大阪にいても極道しか道はない..」と上京を決意。


デビュー当時は先輩歌手によるいじめにも合いましたが苦難を乗り越えて、1970年に「笑って許して」でNHK紅白歌合戦に初出場を果します。

以来、紅白には39回(女性2位)も出場し、現在でもテレビ番組などで活躍しています。

これは噂ですが、和田さんの叔父・和田忠浩さんは漫画「難波金融伝ミナミの帝王」の主人公・萬田銀次郎のモデルだと言われています。

赤井英和(元プロボクサー・タレント)



〝浪速のロッキー〟こと元プロボクサーの赤井英和さんは大阪市西成区の出身で、漬物屋を営む両親の元に生まれ育ちました。

中学・高校時代は喧嘩に負けた事がなく、その強さは大阪全土に広まるほど。

赤井さんのヤンキー伝説は数多くあり、地元で不良だった亀田史郎さんの兄をどつきに行ったり「世直し」と称して電車内で足を組んでる人の脚を蹴飛ばし回っていました。

浪速高校入学時には、剃り込みを入れたパンチパーマのイカつい顔の奴が足を机の上に乗せて座っていたと当時の先生が語っています。


ボクシング部に入ってからは、ライトウェルター級でインターハイに出場し近畿大学へ進学。

アマチュアを経てプロボクサーに転向し世界タイトルマッチを経験するも惨敗し、その後も試合中に『急性硬膜下血腫』になり引退を余儀なくされました。

引退後は、映画やドラマなどタレントとして活躍の場を広げる一方で母校である近畿大学のボクシング部の監督も務めました。

近畿大学の後輩が経営する新世界の串かつ「だるま」が大好物で、串かつの上にキムチを乗せて食べるのが赤井さん流のようです。

西成区出身の芸能人、有名人を調べたら最強にインパクトある人達だった!

ハイヒールモモコ(お笑いタレント)



大阪市阿倍野区出身のハイヒールモモコさんの実家は電器店。

2歳時に両親は離婚し、父の元で育ちましたが中学2年生の時に離婚した実母が「引き取りたい」と実母の元へ。

しかし、この頃から不良仲間に誘われタバコ、シンナーは当たり前の日々だったそうで実家は不良の溜まり場となっていました。

その後、モモコさんは高校に入学するものの1年生の時に中退。さらにグレて入っていた暴走族グループの支部長にまでなったそうです。


カツアゲや無免許運転などの非行を重ねたモモコさんは計17回も補導されています。

転機が訪れたのは、お昼の番組「笑ってる場合ですよ!」に友人とコンビを組んで出演した時のこと。

この番組を見ていた吉本興業の関係者にスカウトされ吉本総合芸能学院(NSC)に入学。

後に相方のリンゴと出会い、1982年にお笑いコンビ「ハイヒール」を結成しました。

現在でも関西を中心にバラエティ番組で引っ張りだこの人気お笑いタレントです。

前田日明(元プロレスラー)



元プロレスラーでTHE OUTSIDERプロデューサーの前田日明さんは大阪市大正区の出身。

少年時代は少林寺拳法、中・高校時代は空手を熱心に打ち込んだ前田さんの伝説は数知れず。

学生時代は喧嘩に明け暮れる日々だった前田さんもヤンチャぶりは相当ですが、当の本人は

「俺は不良ではない、ただ腕試しをしていただけ(笑)。漫画の「空手バカ一代」全盛だった。みんなが(登場人物の)芦原英幸にあこがれていた」

と、語っています。


高校生の時は路上で敵なしだったという前田さんは、大阪場所で来ていた力士に勝負を挑もうとしたことがあったそうです。

襲いかかろうと力士に背後から近づいたものの、振り向いたのは当時の横綱・輪島でびっくりして退散。

また、前田さんと赤井英和さんは近隣の町に住んでいて、お互い喧嘩の強さは知っていたようです。

それで周囲はこの二人を絶対に合わせないようにしていましたが、ある時2人は鉢合わせしてしまいました。

その時、止めに入ったのが元阪神タイガースで選手で活躍し監督も務めた岡田彰布さんだったと言われています。


鈴木紗理奈(俳優・タレント)



元ヤンで不良のイメージが強いタレントの鈴木紗理奈さんは大阪府摂津市生まれ。

僕の住む大阪の地域でも昔は、紗理奈さんと〝どこどこの番長〟が付き合っているとか噂が絶えませんでした。

人気番組「めちゃイケ」では鈴木紗理奈さんの過去が語られていて、デビュー半年前に何らかの理由で元カレにトランクに詰められ山に連れて行かれ、そして下ろされてゴルフクラブでど◯かれた事もあったようです。

しかし、色々調べていくと鈴木紗理奈さんは摂津市にある「株式会社宗廣組」という地元でも有名な建設会社のお嬢様だったのです。


実家が8LDKの大豪邸で、身の回りの世話はお手伝いさんがしていたとも。さらに紗理奈さんが中学生の時には外国人がホームステイしていた事もあり英語がとても堪能のようです。

また、ファミレスには行ったことがなく回転寿司も子供の頃は未体験でフグをよく食べていたんだとか。

そんな元ヤンのイメージとはかけ離れた紗理奈さんは、1992年の第6回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞。

TELA-C(INFINITY16)と出会い、5年間の交際を経て2008年12月にご結婚されましたが現在は離婚。

バラエティ番組やドラマなどで活躍する紗理奈さんは、モデル活動をしていた昔に若手芸人だったたむらけんじと交際していた事も明かしています。

渡辺二郎(元プロボクサー)



ボクシングの元世界王者である渡辺二郎さんは、生まれは岡山県ですが大阪で育ち、昔から不良の間では名前は知れ渡っていました。

自分から喧嘩をふっかける事はありませんでしたが、一度ケンカが始まると一瞬で相手をボコボコにしていたようです。

渡辺さんの実家は喫茶店を営んでおり、関西中のヤンキー達が訪れたと言います。

高校の浪商では水泳部、大学の追手門学院では日本拳法では世界選手権4位。

その後、大阪帝拳に入門してプロボクサーを目指します。


WBA・WBCの世界タイトルマッチでは具志堅用高さんの14連勝につぐ12連勝という偉業を達成しました。

引退後はタレントや解説者として活躍しますが、度重なる不祥事で逮捕・起訴されます。また、東大阪にある反社組織の相談役であると報道されました。

元タレントの島田紳助さんや羽賀健二さん、清原和博さんとの黒い噂が絶えない渡辺二郎さんですが、現在は所属する極心◯合会も解散。

ボクシングの試合には顔を出すようですが、渡辺さんの現在の詳細は分かっていません。

相川七瀬(歌手)



大阪市東淀川区上新庄の出身で歌手の相川七瀬さんは中学生時代、相当なヤンキーだったそうで喧嘩は日常茶飯事。

元彼が暴走族のリーダーだったという噂まであり、
タンスを万引きするなどバラエティ番組で明かしています。

相川さんのヤンキー伝説になっているのがPUFFY吉村由美さんと繰り広げた〝大阪抗争〟。

2人はデビューした時期がほぼ同じで、目が合ったのに挨拶しなかったという些細なことがきっかけで大喧嘩に発展しました。

『お前、生意気なんだよ!』
『それはお前や』

関西弁で「いてまうぞ!コラッ」なんて言い合っているのを聞いたことがあります(テレビ関係者)。


さらに、相川さんは当時共演者からタメ口で話されるとガンを飛ばしたり、デビュー前のオーディションで審査員を睨みつけるなどヤンチャっぷりが伺えます。

音楽プロデューサーで作曲家の織田哲郎氏に見出され1995年、「夢見る少女じゃいられない」で鮮烈なデビュー。

1996年に発売された「恋心」ではミリオンセラーを達成し年末の紅白歌合戦にも出場しました。

2001年には一般男性と結婚し、3人のお子様がいる相川さんはデビュー25周年を迎えて國學院大學神道文化学部に合格し注目を集めています。

長原成樹(お笑いタレント)



1964年、大阪市生野区生まれの長原成樹さんは大阪を拠点に活動するお笑いタレント。

昔は筋金入りのワルだった長原さんはカツアゲや窃盗、暴行、傷害を頻繁に繰り返し逮捕され少年院へ入っています。

そんな元ヤンキーだった青春時代を描いた『犬の首輪とコロッケと~セキとズイホウの30年』(幻冬舎よしもと文庫)は映画化され、監督デビューも果たしました。

1964年、在日コリアンとして大阪市生野区に生まれた長原成樹さんは一説によると「生野連合」という暴走族にいたと言われています。

また、不良だった頃のハイヒールモモコさんとも出会っており、モモコさんの姿を見て衝撃的だったと本人は語っています。


1984年から吉本興業に所属し、漫才コンビ「ヤンキース」として第9回ABC漫才落語新人コンクール・最優秀新人賞を受賞。

その後、コンビを解散しますがタレントとして人気番組「探偵!ナイトスクープ」に出演しながら、俳優としても多くの映画・テレビドラマに出演しています。

水玉れっぷう隊 アキ(お笑いタレント)



自らを「喧嘩十段」と語るお笑いコンビ水玉れっぷう隊のアキさん。

大阪の中でもガラが悪い岸和田市出身で、特技は空手とボクシング。特に空手は実戦空手の芦原会館の黒帯という実力者です。

高校時代はヤンキーで喧嘩は「4,50回はやっているが、負けたことはない」といい、電車で不良と3対1の喧嘩になったが一瞬で倒しすなど武勇伝は数知れず。

ダウンタウンの松本さんもラジオで、「アキは優しそうな顔してるしパッと見、全然強そうに見えへんけど服脱ぐと体ガチガチやで。相当悪かったらしいしな」と語っています。


アキさんは高校卒業後、東映京都太秦で売れっ子スタントマンとして活躍していましたが1992年に相方のケンさんと「水玉れっぷう隊」をコンビ結成。

2008年6月にはコンビ名を「バイキング」に改名するも2010年2月13日、コンビ名を「水玉れっぷう隊」に戻しました。

一番の理由は「定着しないから」らしいですが、人気お笑い芸人の小峠さんのバイきんぐと混同されるのも理由の一つと思われます。

誰がいる?意外と多い岸和田市出身の有名人、芸能人一覧

昔はワルかった大阪出身の芸能人や有名人まとめ



元ヤンで不良と呼ばれた大阪出身の芸能人や有名人をご紹介しました。

芸能人は昔ヤンチャだった人が多いと言われていますが、やっぱり我が強いほうが芸能界で成功するのかもしれませんね!

ダウンタウンの浜ちゃんや俳優の宇梶剛士さん、バッドボーイズの佐田さんなども昔悪かったことで有名です。

今回は、大阪出身の芸能人や有名人を調査しましたが次は他の地域も調べてみたいと思います。


それじゃまたっ!