就活ではすぐに内定を貰える人と内定をなかなか貰えない人がいます。


本人は一所懸命がんばって就活してるつもりでも内定をもらえず悩んでる方も多いでしょう。


でも諦めるのはまだ早いですよ!


就活が上手くいかない人の特徴を知って成功する人の共通点を見つければいいのです。


就活で成功する人にはある共通点があります。


なので、まず就活が上手くいかない人の特徴とはどんなものかを把握して成功する人の共通点を勉強しましょう。

自己PRと自己アピールの違い!使い方を間違えると就活で大変

就活が上手くいかない人の特徴とは?



『1.就活を始めるのが遅い』


就活が上手く行かない人の多くは就職活動をスタートするのが遅い場合が多いです。


就職活動はやる事がとても多いです。


筆記試験では「一般常識」「SPI」など2種類の筆記の勉強をするしか無いですし、面接試験でも「自己分析」を行って自分に合う仕事を見つける必要もあります。


また、面接でのテンプレ「自己PR」「長所・短所」「大学時代に頑張った事」などを考える必要があります。


就職活動を始めるのが遅い人は、これらを準備する機会が全然無いので、筆記試験も面接試験も中途半端な状態で挑むしかないのです。


行動するのが遅い人はビジネス的にも評価されません。


「備えあれば憂いなし」ということわざがあるように、就活にはそれ相応の準備が必要だということです。

『2.色々な業界を受けている』


就活が上手く行かない人の特徴に「色々な業界を受けている」ことがあります。


多くの業界を受ける事によって志望動機がとっても曖昧で希薄になってしまいます。


内定を貰える人は、受ける業界は多くても3個くらいですが、内定が貰えない人は10個くらいの業界を受けてしまい、どれも面接の回答が陳腐なものになってしまうのです。

『3.レベルの高い業界を受ける』


レベルの高い業界ばかり受けている人も内定が貰えにくいです。


大企業は高学歴の人ばかり集まりますし、面接の回数もかなり多いです。


なので「受かればラッキー」のようなオマケ程度に受けた方が良いです。


どうしても大企業に挑戦して欲しい人は、中小企業で内定を保留してから、大企業に挑戦した方が良いのが現実でしょう。

『4.ESのクオリティが低い』


面接官があなたの情報を初めて知るのは「ES」からです。


ESでは「字が綺麗かどうか」「証明写真がしっかり撮れているか」「空白が無いか」など色々と面接官は見てきます。


なので、そこをテキトーにしてしまっては面接でも低評価を受けてしまいます。

『5.面接時の声が小さい』


面接で声が小さいのも就活ではマイナスです。


声が小さいという事は元気が無いし自信が無いと受け取られてしまいます。


また、唯一の売りである若々しさが無いという事になります。


面接は後に進んでいくにつれて、社長や役員など耳が悪い人達が登場してきます。


そこで小さい声でボソボソと言っていたら「何言っているか聞こえないぞ!」となってしまいます。


声が小さいくらいなら、声がデカくてうるさい方がまだ若々しさがあって良いです。


面接官は内定をあげる人を選ぶ事が出来ます。


声が小さい頼りない就活生よりも声がデカいパワフルな就活生を取るのは当たり前の事です。

『6.会話のキャッチボールが下手』


面接になると緊張をし過ぎて話の内容が頓珍漢になってしまう人がいます。


そうなると、伝えたい事も伝えられないで「で?何が言いたいの?」と面接官はなってしまいます。


他にも、緊張をし過ぎて「どもってしまう」というのも良く無いですね、、、


どもりは、相手に頼りにない風に映ってしまうので「この人社会人してやっていけるのかな?」と面接官は心配になってしまいます。


焦る気持ちも分かりますが、面接官の訊ねている質問を冷静に聞いて的確に返答できるようにしましょう。

『7.言葉を暗記している』


面接でよく喋る事を丸暗記してしゃべってしまう人がいますが、それもダメです。


暗記しているという事は、自分の言葉で喋っていないという風に取られてしまいます。


暗記をしてくる事によって、1回記憶が飛んだら慌ててしまい「あ、え~と」となってしまいます。


暗記をしているかどうかは面接官はすぐに分かります。本当に自分の言葉で喋っている人はスラスラと言葉が出てきますから。


暗記をしてくるという事はアドリブでは喋れないという事です。


アドリブで喋れないという事は「暗記しないと喋れない程、興味の無い業界を受けている」とも取れてしまうのです。

優良企業への内定多数!「キャリアパーク就職エージェント」

次は、就活で成功する人の共通点を見ていきましょう。


就活で成功する人の共通点はとても多くあります。


就活は何も考えないでやっていても内定は貰えないですし、納得のある企業に入社をする事は出来ないです。


それではどうすれば就活で成功をする事が出来るのか?


についてご紹介します。


就活で成功する人の共通点はコレ!



『1.見た目が清潔で爽やか』


就活で成功する人は見た目が清潔で爽やか人が多いです。


男性の場合は清潔感があって爽やかな人、女性ならば愛嬌があって笑顔が素敵な方です。


やっぱり社会人として身だしなみはルールであり、常識を問われる部分なので。


ボサボサ頭で無精ひげ、ネクタイも曲がっている人を採用したいとは面接官も思わないでしょう。

『2.就活を始めるのが早い』


上記でも説明しましたが、就活は早く始めた方が内定は出やすいです。


早く就活を始める事によって筆記試験のコツや面接のコツなどを掴む事が出来るからです。


就活はある程度の経験を積めばコツを掴めていくので、大事なのは早めに就活を行う事です。

『3.業界のターゲットを絞っている』


1つの業界にしぼって就活をしている人は、その業界の知識がとてもあるので面接で志望動機を言う時に有利です。


専門用語などを入れつつアピール出来るので、面接官から高評価を得られやすいです。

『4.字が綺麗、丁寧』


ESの字の綺麗さも面接では良く見られます。


テキトーに字を書いていたり、簡単な字も漢字で書かないでひらがなで書いていたらマイナス評価を受けてしまいます。


ESを書くのは確かに面倒です。私も就活をやっていた時は「ES書くのめんどくさいわ~」となっていました。


しかし、企業側からしたらそのような事は知ったこっちゃないので、どの企業に対しても綺麗な字を心がけてESを書く事が内定への近道です。

『5.容量が良い、臨機応変』


容量が良い人も就活で成功しやすいです。


容量が良い人は「緩急」をつける事が出来き、緩急を付けられる人は頑張る時は頑張りサボる時はサボ事が出来ます。


真面目過ぎる人は休みの日でも就活の事を考えてしまったり面接で落ちたら長い間落ち込んでしまいます。


しかし、緩急が付けられる人は休みの日は思う存分、就活の事を忘れて遊ぶ事が出来ますし面接で落ちたら「次、次」と臨機応変に気持ちを切り替える事が出来ます。


そのような人は、就活に対する体力も常に保ち続ける事が出来るので、途中で就活にバテないで済みます。


いわゆるモチベーションですね。

『6.会話がスムーズで上手』


就活は会話が上手い人が勝ちやすいです。


面接という短い時間内で、どれだけ自分をアピールできるかが就活では重要なので話が上手くて頭の回転が速い人は面接官からは高評価を得られやすいです。


私も勉強が出来なくても、内定を貰っている人はたくさん見てきました。


そのような人達は皆コミュニケーション能力が優れていました。

『7.企業の妥協できる』


妥協が出来る人も就活では成功しやすいです。


妥協というのは自分の身の丈に合ったレベルの企業を受け続けるという事です。


偏差値が40の人が大手企業ばかり受けていても内定を取るのは難しいです。


しかし、中小企業ならば受かる可能性は存分にあります。


力が無いのに大手企業に入っても、入社してから周りとの力の差にショックを受けてしまうので自分に合ったレベルの企業を受けるのが大事です。

就活のプロがサポートするサイト!?



就活で上手くいかない人の特徴と成功する人の共通点をお話してきました。


ここでは、就活のプロがサポートするサイトを紹介します。


キャリアパークという就活サイトです↓↓

優良企業への内定多数!「キャリアパーク就職エージェント」
キャリアパークとは、就職や転職などの情報を発信している就活サービスです。


合同説明会や会社説明会、また就活セミナーやインターンシップの情報が掲載されています。


履歴書の書き方や業界研究の仕方について詳しく解説されている記事もあるので就活生にとってありがたいサービスになっています。

・就職のプロが選考対策を徹底サポート
・早く内定が取れる
・優良企業に行ける
・特別選考ルートへ進める


メリットがいっぱいあり、ぜひ就活生にはおすすめです!


優良企業への内定多数!「キャリアパーク就職エージェント」

キャリアパークはとくに以下の方に利用しておくべきだと思います↓

・内定が取れず焦っている
・はやく内定がほしい
・面接が不安で心配
・自分に合った企業が分からない
・第一志望に落ちて視野を広げたい


一つでも当てはまる人は登録しておきましょう!