西成探検家ブロガーの猫まんまです。


今回はホルモンの名店「やまき」の近くにあるレトロな居酒屋を発見したので記事にしようと思います。


ちなみに、大阪府の新型コロナウイルスの自粛規制前に行っております。笑


今池、飛田新地商店街は中国人が経営するカラオケ居酒屋が数多くありますが、今回ご紹介するLinLin’sDiningはカラオケが設置されていません。


だから、歌いながらガヤガヤ飲むという感じではなく昭和レトロな雰囲気で落ち着いて飲みたい方向け。


Lin Lin=林林で、中国人の方が経営してる居酒屋です。


経営者の林林さんは民泊も経営してるので、西成で飲みすぎて「終電逃した〜!」って人も安く泊まれるのがメリットです。


この記事はこんな人向けです↓

①西成で落ち着いた居酒屋を探している

②昭和レトロが大好き

③終電を逃して民宿(ドヤ)を探している


では、詳しく紹介します!

西成のレトロな居酒屋「Lin Lin’sDining」へ



それでは道のりから説明しましょう。


Lin Lin’sDiningはホルモンのやまきから信号を渡った(スーパー玉出)今池商店街の路地を入ったところにあります。


信号を渡って少し歩くと「ラッキーシスターズ」というカラオケ居酒屋を右へ。




また少し歩くと〝赤いちょうちん〟が目印のお店がLin Lin’sDiningです!


店内を入ると何とも昭和レトロな雰囲気で、聞くところによるとお好み焼き屋をやっていた古民家を買い取って自分で改装したのだとか。


なので鉄板やメニュー表もそのまま残されており、じゃりン子チエの世界みたい(笑)


お店のママが作る餃子がおすすめで、その日によってメニューが変わるそうです。


おすすめは本場の中国人が作る餃子が美味しいっ!


飛田新地や銭湯からも近いので、帰りにひょっこり訪れる人もいましたね。どうやら昭和人間は赤提灯が好きなようです。笑


すっごい落ち着いた時間が流れて、西成あいりん地区で落ち着いた居酒屋を探している人には是非おすすめ。


カフェもやっているので、お酒が飲めない人でもゆったりとコーヒーを楽しむことが出来ます。


ホルモンの名店やまきやマルフク、お好み焼きのちとせ、なべやなども近くなので観光や食べ歩きついでに寄ってみてはいかがでしょうか!



西成で民泊も経営してる「林林の民宿」



もう一つのメリットは、ここの林林さんは民泊も経営していること。


お店の前に4棟ほどあるので、西成で飲み過ぎたり終電を逃してしまった人には最適!


料金は3000円からで衛生面が悪い宿(ドヤ)に泊まるよりもずっといいです。


ちなみに、僕自身も週末に飲みすぎて一泊させてもらいました(苦笑)


部屋によってデザインが変わり、一人用から大人数用まであって僕が宿泊した部屋は漫画ワンピースのキャラで埋め尽くされていました。



PayPayも利用できるので手持ちが無くても大丈夫!


ちょっと民泊の事をもっと書きたいのですが長くなってしまうので、また別記事にまとめたいと思います。

Lin Lin’sDining(民宿)アクセス


〒557-0003

大阪市西成区天下茶屋北1-2-5

TEL 080-2454-0266