就活や面接をするうえで紛らわしい言葉があります。


その一つが「自己アピール」「自己PR」です。


どちらも似ているのですが、使い方を間違えると大変、、、多くの方は何となく使っていますよね?


どちらも同じような意味だと勝手に思い込んで、その場の雰囲気で使ってしまっています。


では、本当はどう違うのでしょうか?


このように言われると、やはり答えられないと思います。そこで、自己アピールと自己PRの違いを詳しく解説します。


この機会に、頭に入れておきましょう!

40代無職でも就職活動の面接で好印象を与える方法を伝授!

【自己アピールの〝アピール〟って?】



アピールは多くの方が知っているように、英語の「appeal(アピール)」が元になっています。


その意味は〝訴えること、魅力〟などです。


ですから、自己アピールというのは自分のことを誰かに対して訴えかけること、自分の魅力的な部分というような意味になります。


自分にはこういう魅力的な部分があるということを訴える行為が自己アピールと言えるでしょう。


そのため、就活や面接などで「自己アピール」をしてくださいと言われたら、自分が持っている良いところを訴えたり、自分の長所を相手に理解してもらえるように話したりする必要があるのです。

【自己PRの〝ピーアール〟って?】



ピーアールはPRと表記されることもありますよね。


これも英語からきています。このPRは「public relations(パブリック・リレーションズ)」を略した物です。


日本語では「広報」という言葉に訳されています。


ですから、自己ピーアールは自分のことを広く知らしめる行為のことであると考えられます。


自分はこういう人間であり、このようなことができますなどと自分のことを紹介する行為と考えても良いでしょう。


自分のことを紹介する、いわば自己紹介と近い行為と言えるので、自分の考え方や性格、趣味などを話しても良いということです。


この点がアピールとは少し異なります。


【具体的にどんな違いがあるの?】



アピールとPRには大きな違いはないものの、少し意味合いが違うことは理解できたと思います。


では、具体的な違いは何でしょうか?


前述したように、アピールには「魅力」という意味があるため、魅力的な部分以外のことを話しても適切ではないと言えます。


〝自分の魅力や強み〟などを相手に理解してもらうように訴えてこそアピールになります。


自分の考え方や性格などを訴えても、それが魅力や強みになっているかどうかは分かりませんよね?


それでは本当の意味でアピールになっているとは言えません。


一方で、ピーアールは「広報」という意味です。


自分の魅力や強みでなくても、こんなことをしていました、このようなことが好きですなどでも、自分のことを知ってもらえます。


特に好きという個人的な感情については、そのことに興味がなければ魅力的に感じない場合もありますよね。


ですから、アピールではなく、ピーアールの中で話すべきことなのです。


このように、魅力や強みに限って話すことが自己アピールであり、広く自分のことを理解してもらうために色々と話すことが自己ピーアールになります。


ですから、話せる内容の広い方がピーアールという感覚で良いでしょう。

【違いを理解して使い分けよう!】



自己アピールと自己PRを上手に使い分ける方法について少し考えてみましょう。


例えば、就職試験などの面接では面接官がどちらを使うかによって話す内容を変えていくのが良いですね。


自己アピールと言われた場合、面接官はあなたの長所を知りたいと思っています。その長所が仕事にどう生かせるのかを考えている訳です。


ですから、仕事に生かせる能力や経験などを饒舌に語りましょう。


また、仕事に生かせるかどうかは分からなくても自分が持っている強みや長所を1つでも多く語ります。自分では分からなくても、仕事に生かせるような長所があるかも知れませんからね。


反対に自己ピーアールと言われた場合は、あなたの人間性に興味を持っています。


これが意味するのは、あなたが周りと上手くやっていけるかを考慮して、仕事がスムーズに行える人間であるかどうかを見極めようとしていると思われます。


様々なプロジェクトを行う時でも、同僚との協力が不可欠など、周囲と上手くやっていける人間を希望しているというような場合でしょう。


ですから、自分が友達などと協力して何かを成し遂げた経験などを話しながら、そこで自分のどのような能力が生きたのかを話していけば良いと推測できます。

【自己アピールはあまり使われない!?】



自己ピーアールは良いけれど、自己アピールはあまり使われないというのはどういうことでしょう?


こちらは単純に語句の使われ方の違いです。


自己ピーアール(自己PR)というように使っている方は多くいますが、実は自己アピールと使っている方は少ないのです。


一方で、自己をつけない場合の「PRする」という言葉は、多くが「商品の宣伝」などに用いられています。


これはどうしてでしょうか?


自己アピールがあまり使われていない背景には、アピールという言葉に「(自分のことを)訴える」というような意味合いが含まれているためと言えます。


そのため、ピーアールは何を広報するのかが分からないこともあるため、頭に「自己」をつけて自分のことをピーアールするのだと主張している訳です。


それだけの違いですが、自己アピールというよりも「自らをアピールする」などと使う方が好まれているという事実を頭の片隅に入れておくと良いかも知れませんね。


何かの時の話題になるかも知れないですし、それこそ自己ピーアールの時に使えそうですからね!

【自己PRと自己アピール違いまとめ】


自己アピールと自己PRは大きな違いはないと言えます。


ですが、よくよく調べてみるとアピールには魅力という意味があり、自分の魅力を訴える意味で使うということが分かります。


一方で、ピーアールは広報するという意味で自分のことを知ってもらうために使うのでピーアールする内容は魅力に留まらないということです。


就活の面接などではアピールするよりも、ピーアールする方が印象は良いですね。


少なくとも、面接官とは知り合いではないことの方が多いので色々なことを話して自分を知ってもらう方が良いはずですから!