あけましておめでとうございます。

泉州ノマドライフ管理人のAKIRAです。

2018年も行動の年にして行きたいと思います。

さて、2017年は仮想通貨元年と言われていましたね。

もともとは仮想通貨には、あまり興味が無かったのですが、友人が仮想通貨で大儲けしました。

そんな事もあり、2018年は僕も仮想通貨にチャレンジすることにしました。

2018年も、仮想通貨はまだまだ上がると言われています。

そこで、2018年もまだまだ上がりそうな仮想通貨をピックアップして、投資する銘柄をご紹介したいと思います。

投資法としては、毎月少額ずつ買い増ししていくつもりです。

ripple(XRP)




リップルは、すでに仮想通貨に投資している人の間では有名ですね。

すでに価格が上昇していますが、2018年もまだまだ上がると考えています。

リップルと他の仮想通貨の違いは、リップルは銀行間取引で行われる取り組みを行っていますが、ビットコインなどは銀行間を通さず行います。

つまり、銀行間を通さず個人間で送金することができます。もちろん、リップルでも個人間での取引も可能です。

リップル最大の特徴は、送金速度の速さです。

国際送金する場合、ビットコインだと約1時間。
イーサリアムで約2分間。

しかし、リップルだとなんと約4秒!これはすごい強みだと感じています。

あの世界的大手IT企業Googleが出資したとして有名になりました。出資するということは将来性を感じているということ。

メガバンクである東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を発表した2017年3月から価格が高騰し、約6倍近くの値上がりを見せ、注目を集めました。



アメリカ最大の取引所コインベースにリップルが上場するという噂があります。

もし、実際にリップルが上場すれば、今後さらに価格が上昇すると考えられます。



NEM(XEM)




ネムの大きな特徴にプルーフ・オブ・インポータンスを採用しています。これは

ビットコイン(プルーフ・オブ・ワーク)

イーサリアム(プルーフ・オブ・ステーク)

の問題点を解消した技術です。

ビットコインやイーサリアムは、大資本を持っている

・スーパーコンピュータを多数所有する者

・コインを多く所有する者

が、マイニングによってさらにコインを獲得し、富のある所にさらに富が流れるという資本の集中化が構造上起きてしまします。

しかし、ネムのプルーフ・オブ・インポータンスはユーザーの重要度によって報酬が分配される仕組みになっています。

重要度とは、ネムをたくさん持っているだけでは報酬が得られず、それを取引していないと重要度が高まりません。

同一アカウントで取引しても重要度に影響を与えないため、他者と取引することになり、自然と富の分配が行われます。

ネムのプルーフ・オブ・インポータンスという技術はブロックチェーンの問題点を解消するソリューションとして注目を集めています。

2017年1月1日の価格は約0,003ドルでしたが、2017年12月21日の価格が約0,998ドルにまで上昇しています。



約333倍になっています。

国内取引所のZaifが既にネムの技術を採用しており、他にも技術を採用する企業が増えてくれば、今後も価格がまだまだ上がると予想されます。



Lisk(LISK)




リスクの大きな特徴としては、以下の3つが挙げられます。

①開発言語はJavaScript

ブロックチェーン専用のプログラムを使うのではなく、web技術で有名なJavaScriptを採用することで、多くの技術者が開発に携わることができるので、開発コミュニティが大きい。

②サイドチェーン技術を採用

ブロックチェーンは一本の鎖で一方向に情報を残していきますが、サイドチェーンでは性能や処理速度の向上、さらに過去にさかのぼって修正できるなどの柔軟性があります。

また、サイドチェーン上で新しいトークンを作成することも可能です。

③発行枚数に制限がない

リスクには、発行枚数が毎年減少していくというルールが決められているので、特定の人物の意図によって発行枚数をコントロールできるような状態になる可能性が低いのです。

2017年1月1日の価格は約0,155ドルでしたが、2017年12月29日の価格が約24,830ドルにまで上昇しています。



約160倍になっています。

リスクの技術が認められ、マイクロソフトがリスクに1,4000TBCもの投資をすることが発表されました。

これにより、多くの人がリスクに注目。

今後も発展していくことが予想され、価格の上昇が期待できる銘柄です。

取引所はどこを選べばいい?


2018年にまだまだ上がりそうな仮想通貨を3銘柄ご紹介してきました。

じゃあ、どこの取引所で買えばいいの?となりますよね。

僕がご紹介したおすすめ3銘柄が買える国内取引所はコインチェックです。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

最近では、出川哲郎さんがCMをやっているので認知度もだんだん上がってきました。

他の取引所より、圧倒的に取扱通貨が多いのが一番の特徴ですが、使いやすいデザイン設計もおすすめする理由です。

また、コインチェックは豊富なエンジニア人材を抱えているのでシステムの開発・アップデートのスピードがとてつもなく早いです。

現時点では、取引所の中では圧倒的にコインチェックが他より1歩リードしてると思います。

何しろ対応スピードが他社とはレベルが違います。よっぽど優秀なエンジニアを揃えているんだろうと思います。

ということで、成長性を考えてもコインチェックが1番のおすすめです!↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin